杉乃木福祉会のホームページへようこそ。本法人は大阪府岸和田市にて認可保育所の運営と、高齢者デイサービス、ケアプラン作成、グループホーム、作業所等の福祉事業を行っております。

>
>
 ケアプラン作成までの流れ

そよかぜケアプランセンター

 ご相談からケアプラン作成への流れ
(1) 申 請

介護保険の被保険者で介護を必要とする方は市町村に要介護認定の申請を行ない、要介護認定を得ることによって、給付を受けることができます。

ご本人・ご家族に代わって申請を行なう代行サービスもあります。
(代行サービスは当そよかぜケアプランセンターが行ないます)

 

(2) 主治医意見書と訪問調査

申請後に、市町村は調査員を申請者を訪問し、ご本人とご家族に面談を行ないます。
そして、かかりつけの医師に依頼し、主治医の意見書を記載してもらいます。

 

(3) 認定審査会による判定

主治医意見書と訪問調査の結果をもとに認定審査会が申請者の要介護度を判定します。
要介護度認定の有効期間は原則として6ヶ月です。
なお、要介護度によって「支給限度額」および利用できるサービスが異なります。

 

(4) 居宅介護支援事業者の決定

居宅介護支援事業者(ケアプラン作成事業者)を選びます。その結果、ケアプランを作成するケアマネジャー(介護支援専門員)が決まります。

 

(5) 状態の把握

ケアマネジャーがご利用者・ご家族と面談し、抱えている問題や解決すべき課題などを把握した上で、ご本人や家族と相談します。

 

(6) ケアプランの作成

ケアマネジャーが、ご利用者の状態、希望、利用料などを踏まえ、最適なケアプランを作成します。(ケアプランの作成費用は全額が介護保険から支払われます)

 

(7) サービス担当者会議

ケアマネジャーは、ケアプランにしたがって、各種の介護サービス事業者と話し合いをもち、サービス提供の内容について詳しい相談を行います。

 

(8) 介護サービス事業者との契約

ご利用者またはご家族と各介護サービス事業者の間で契約を交わしていただきます。

 

(9) 介護サービスの開始

要介護度に応じて介護保険では、いろいろなサービスが利用できます。

 介護保険関係のご相談やお申込については下記までお気軽にお電話下さい。
そよかぜケアプランセンター
 

〒596-0004 大阪府岸和田市荒木町1-14-37
(福)杉乃木福祉会 荒木事業所2階

 

TEL 072-448-5581 / 072-448-5511

FAX 072-448-5033

 
ページ上部へ